トルコの中心、イスタンブールで繰り広げられる政治的テロ

イスタンブールは、トルコで最も大きな都市で、観光地としても人気が高い都市です。
そして、政治の中心でもあります。
ここ最近トルコではイスタンブールでの政治的テロが相次いでいました。
選挙が終了したにも関わらず、次期政権の枠組みなどがうまくまとまらなかったからです。
政治に空白期間があるというのも前代未聞です。

その後無事に新大統領が決定したものの、結局前大統領の公約に沿った内閣政策しか出ませんでした。
最低賃金の引き上げ、年金額の引き上げ、失業者への補助金の拡充等のばらまき政策中心です。
国民にとってはありがたいことなのですが、為替などのマーケットを見る側にとってはとても残念な内容だったようです。
そのためトルコリラ自体はどうも下がっていきそうということ。
それでも日本円に比べると随分と金利が高いのは否めないので、投資先として魅力があるというのは変わらないのですが・・・。

新大統領が決定し、政治的テロなどは沈下の様相を見せています。
テロに悩まされていたイスタンブール自体は落ち着きを取り戻しつつあります。
しかし、今後はばらまきによる予算不足に直面してしまいそうなので、マーケット側からの見方はまだまだ冷え込んでいるようです。

トルコについて興味を持った方、URLはこちらです。

コメントを残す