FXのファンダメンタルズ分析の際に聞く、高金利通貨とは

日本の経済が先行き不安定になったあたりから、どんどん行う人が多くなってきた株や海外投資。
FXもその1つです。随分と身近になってきたFXという言葉ですが、何をどうしたらいいのか、ということまでは実際に手を出すまではよく分からないのではないでしょうか。
FXはいわゆる投資ですから、その動きをきちんと予測しないと思うような結果が出ないことがあります。

その予測をするためには分析が必要なのですが、その時に見なければいけないのがファンダメンタルズです。
これは日本語に直すと経済の基礎的条件、つまり、景気やその国の経済活動を指します。
これがお金の流れを決めるのです。
FXについて学び始めると、トルコリラのような高金利通貨の話を耳にすると思いますが、なぜ高金利通貨が存在するのかという理由までは思いが及ばないかもしれませんね。

これは各国の政策金利の差によるものです。
例えば日本は1パーセント程度ととても低いのですが、話題のトルコは7%超えです。
FXでは、この差を利用して儲けることが可能なのです。
このような経済的な条件を見ながらFXの動向について分析することを、ファンダメンタル分析と言い、中長期的な為替相場の予想のためにかなり役立っているのです。

コメントを残す